• ホーム
  • AGAじゃない人がプロペシアを使っていては無意味

AGAじゃない人がプロペシアを使っていては無意味

髪の毛が薄い男性

プロペシアは日本でもAGA治療に有効と認められ、厚生労働省でも認可された飲み薬です。
専門のクリニックだけでなく、皮膚科などの一般の病院でも処方されるため、入手は難しい治療薬ではありません。
ただし、ジェネリックであるフィンペシアなどの医薬品は病院で処方することは難しいため、ネット通販での購入となります。
AGAでなくても病院に行って薄毛と認められれば処方してもらうことができますが、実際に使用しても効果がないこともあります。
プロペシアは5α還元酵素阻害薬に分類され、毛根に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害します。
AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が原因となるため、プロペシアによって酵素を阻害することで原因物質となるDHTの生成を抑えます。
この効果によってAGAの進行を遅らせたり、抑える作用がありますが、男性ホルモンが原因とならない薄毛の症状には何の効果もありません。
むしろプロペシアによる副作用のリスクがあるので、服用中で薄毛の改善が見られないという人は、専門のクリニックに行って検査を受けることをおすすめします。
専門のクリニックでは遺伝子検査によってAGAの発症リスクや効果的な治療法を見つけることができ、その結果によってプロペシアの処方をするか、育毛サプリや育毛剤を使用するかを選択します。
ひとくちにAGAとは言っても、効果がある人も様々なので、実際に有効となる治療法を見つけることが重要となります。
プロペシアには無精子症や性欲減退、肝機能障害などの重篤な副作用のリスクもあるので、検査を受けて効果があると認められた人だけが利用するべき飲み薬です。
AGAでなければ育毛剤や生活習慣の改善で簡単に治ることもあるので、まずは検査を受けることから始めると良いでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索